うたんぐら|香川県宇多津町  















ホーム
コンセプト
ご案内
イベント
交通アクセス
お問い合わせ
リンク集





うたんぐらでは、空き家利用の趣旨に賛同していただき応援していただける方、今後自ら利用してみたい・・・という方々へ会員登録をお願いしています。
会員得点や規約については、上の会員募集バナーをクリックして下さい。

 

 
過去のイベント      〔2010年8月〜2010年11月〕
2010年3月以前 2010年4〜7月 2010年8〜11月
2010年12月〜2011年3月 2011年4〜7月 2011年8〜11月
2011年12月〜2012年3月 2012年4〜7月 2012年8〜11月
2012年12月〜2013年3月 2013年4〜7月 2013年8〜11月

【2010年11月27日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集い −Vol.9−
 

「ユージン・スミスと写真集MINAMATA」
ここのところ冬時間開催で、17:00からとなりました。

日時/平成22年11月27日(土) 17:00〜19:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
上映作品/「わが街わが青春-石川さゆり水俣熱唱-」青林舎(1978)43分
         ドキュメンタリー作家として名高い土本典昭監督の作品
         ・監督:土本典昭
         ・製作:高木隆太郎/中川真次
         ・撮影:一之瀬正史
         ・ナレーター:伊藤惣一
参加費/200円(飲み物付き)
定員/15名


「学生(日大芸術学部)時代、キャンパスを訪れたユージンの話を聞き感銘を受けた」と語る、今井氏の思い入れの回。

定刻となりました!まずは講師側のショットです。


東側壁面のスクリーンに映し出される映像に見入るオーディエンス。

通路側からはこんな感じ、この日も満席。

講師今井氏後方から・・みんな真剣にスクリーンに見入っています。
ラスト近くには、「さぬき映画祭2010」の簡単レポートも挟み、プログラムはほどなく終了しました。

即、懇親会状態へ突入、名刺交換する人、写真語り・ユージン語りで、和やかな閉幕となったのです。

【動画でご覧ください】
※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

来月の「ショートフィルム」も、予定通り第4土曜日に開催予定。(12月25日)早めの時間に設定いたしますので、クリスマスパーティーの予定がある方も、その前にちょこっと参加なさってくださいね

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2010年11月26日】※終了
KBC〜キッズベストコミュニケーション
 

日時/平成22年11月26日(金) 17:00〜18:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)


【2010年11月20日】※終了
八畳の学 香川の景観シリーズ 「ああ、哀愁のベーハ小屋」
 

穏やかな好天に恵まれたこの日の夕方・・・
うたんぐらでは、前評判も上々だった注目のイベント「ああ、哀愁のベーハ小屋」が開催されました。

日時/平成22年11月20日(土) 18:00〜20:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
内容/ベーハ小屋って何?
     うどん屋・ため池・三角山に続く、讃岐のOne of 珍百景に注目!!
     ベーハ小屋研究会のメンバーが熱く語ります。
講師/ベーハ小屋研究会会長 菅徹夫氏とお仲間2名
参加費/1000円(飲み物+おつまみ・軽食付き)
定員/15名

午後5時過ぎ、本日のゲストスピーカー菅徹夫氏到着。恒例の看板前SHOT。
ほどなく到着した、MC担当市川智子さんと早速打ち合わせ。


定刻となりましたモチロン、スタート第一声はこの方、菅さんの挨拶から。

前方からも後方からも・・ご覧のとおりビッシリ、満員御礼状態です。

この頃になると“市川節”も、絶(舌)好調です。

飲んで食べながら・・後半戦に突入しておりました。壁側にもオーディエンスが並びながら話に耳を傾けています。

【動画でご覧ください】
※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

「楽しき哉 大人の遊び心」
新たな出会いも学びもある充実感を噛みしめつつ・・今回もつつがなく終了!
皆さま本当に有難うございました。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。




【2010年11月6日】※終了
動物愛護と動物福祉について
 

日時/平成22年11月6日(土) 12:00〜17:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
主催/香川県動物愛護推進員連絡研究会 TRUST


【2010年10月30日】※終了
八畳の学 ロック・エンサイクロペディア Vol.1 〜レッキング・クルーを知っていますか?〜
 

「ロック・エンサイクロペディアVol.1」終了10月30日(土)台風14号の心配も幸い解消。
女主の友人で“洋楽の師”と仰ぐMr.ロック・エンサイクロペディアこと梅谷二郎氏の回が、ようやく実現しました。

日時/平成22年10月30日(土) 16:00〜18:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
内容/60年代半ば、LAサウンドを支えたトップ・スタジオミュージシャン集団レッキング・クルーと彼らの関ったサウンドを、地元でも数々の音楽番組や企画をプロデュースしてきたMr.ロック・エンサイクロペディアが語り、自らの貴重な音源で披露。(女主の洋楽の師です!)
参加費/基本無料(但しドリンク代自己負担)
定員/15名

ゲストスピーカーの梅谷二郎氏、会場入り・・恒例の玄関ショットです。
ちなみに、いでたちは話の中にも出てくるとある人物(時代)を意識してのもの。


この日のテーマは「レッキング・クルー」。60・70・80年代、アメリカを代表するロックの名曲の影には、彼らの存在が不可欠だったのダ。

中心スペースだけでもご覧の通りギッシリ。モニター脇のU氏側も通路側も、狭小スペースにいっぱいの熱気です。

モニター画面や音響を絶妙のタイミングでサポートしてくれたのは平井さん(赤いジャケット)と真剣に打ち合わせ中。

終了後の記念撮影。

【動画でご覧ください】

語りと貴重な音源で綴った2時間はあっという間に終了。U氏からの学びに加え、音楽の持つパワーを改めて実感することができた至福のひととき・・
終了後も、しばらく観客それぞれと歓談が続きました・・・
この日の参加者は、計22名!お帰りの際の表情から満足いただけたのでは?
確かな手応えを感じた女主でした。

※その他の写真など、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

 


【2010年10月24日】※終了
八畳の学 サヌハイのエコドライブ講座(入門編)
 

遠距離通勤を始めたことがきっかけで、ハイブリッド車で燃費運転法を追及。室戸岬周辺で過去4回燃費レースを主催。休日はオフロードバイクで野山を走る自然好きでもある講師(サヌハイ氏)が、自らの体験と脅威の燃費結果を披露してくれます。車好き、エコ走行に興味のある方etc.アットホームなうたんぐらで、知って得する情報に耳を傾けてみませんか。

日時/平成22年10月24日(日) 13:30〜15:00
     ※当日この時間帯だけ、イベント参加者以外のご入場はできません。
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
講師/サヌハイ氏
参加費/300円(飲み物・おやつ付き)
定員/15名

※講師:サヌハイ氏のブログ→サヌハイのe燃費日記


エフエム香川のリスナーさんでもあり、エコラン主催者のサヌハイ氏のイベント当日。


今回発表するデータはこの車から・・・

サヌハイさんご夫婦でせっせと準備中!

自己紹介もそこそこに、早速ご自身のエコドライブ語りの開始。

終了後の記念撮影。

【動画でご覧ください】

この日は、サヌハイさんとWEBサイトで知り合ったという茨城からの参加者、整備士さん、エコラン優勝経験者等々、いろいろ車と関りのある人、好きな人・・「ナルホド!」と思う面々が参加してくれました。
参加した女性は、これまでと運転するときの意識が変わった・・あるいは「ここまでくると数字との競争。いかに燃費を伸ばすか・・語って・聞いて・情報交換&名刺交換。
ご時勢ということで、皆さん思った以上にエコドライブに興味・関心をお持ちようです。



【2010年10月23日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集い −Vol.8−
 

巨匠たちのCFを中心にコマーシャルフィルムの特集!

日時/平成22年10月23日(土) 19:00〜21:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
上映作品/「KINGS OF ADS」(1993年フランス映画)
       ・ヒュー・ハドソン(代表作「炎のランナー」)◇ブリティッシュ・エアウェイズ/FIAT/LEVISほか
       ・マーティン・スコセッシ(代表作「アビエイター」)◇アルマーニ
       ・ジャン=リュック・ゴダール(代表作「軽蔑」)◇マリテ+フランソワ・ジルボー
       ・ジャン=ジャック・アノー(代表作「トゥー・ブラザー」)◇HERTZ
       ・フランコ・ゼフィレッリ(代表作「永遠のマリア・カラス」)
       ・トニー・スコット(代表作「トップガン」)
       ・リドリー・スコット(代表作「ブレードランナー」)◇ペプシ
       ・ジャン=ジャック・ベネック
参加費/200円(飲み物付き)
定員/15名


10月23日(土)は、宇多津の秋祭りでもありました。この日のうたんぐら正面はこんな感じ。
日中は甘酒のお接待所としても開放し、大勢が立ち寄ってくれ・・。


午後2時半・・花火の合図に続き、古街の東西の道でお下がりが始まりました。


講師はいつもの今井先生。

この日のテーマは「世界のコマーシャル・フィルム」

普段なかなか見ることのない海外のCFに、みんな興味津々・・

セルビア、イラン、ハンガリーetc.お国変わればセンスも変わる?
そういうものもあれば、“笑い”のエッセンスは洋の東西・時代の新旧を超える普遍性もあるようです。

【動画でご覧ください】

この日も楽しく和やかな中にも、些少の“マナビ”と“出会い”があったようです。


【2010年10月23〜24日】※終了
宇多津秋祭りにあたり、スペース開放(昼間)
 

お祭りでにぎわう2日間・・
うたんぐら沿道は、23日(土)がお下がりの通り筋となります。
行き交う太鼓台を眺めながらひと休み・・、この期に一度お立ち寄りください。

日時/平成22年10月23〜24日
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)


【2010年9月18日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集い −Vol.7−
 

今回は初心に戻って、「ショートフィルム」をご一緒に!
99年にスタートしたショートフィルムの映画祭、
“アメリカン・ショートフィルム・フェスティバル”の上映作品傑作選。
長編映画にはない味わいとセンスにあふれた作品ばかりです。

日時/平成22年9月18日(土) 18:00〜20:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
上映作品/AMERICAN SHORT SHORTSスペシャルセレクション
        (米・2000年)
参加費/200円(飲み物付き)
定員/15名

※駐車場は宇多津町役場をご利用ください。
※定員になり次第締め切りとなります。ご希望の方はお早めにお申し込みください。



【2010年8月29日】※終了
八畳の遊 集まれ!電波中年 その2
 

またまた猛暑日となった8月最後の日曜日。一回目もなかなか好評だった「集まれ!電波中年」の第二回目が開催されました。

日時/平成22年8月29日(日) 13:00〜15:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
講師/苧側 正明氏
参加費/500円(おやつ+飲み物付き)
定員/15名
内容
  1部 電波で見る流れ星
     a.流れ星を使った通信
     b.実際の観測について

  2部 流星と地震予知
     a.色々な流星画像  
     b.画像が意味するところ
     c.予兆理論と画像について

※受信装置を使い実際に流れ星をアマチュア無線で捉える実験をします。


【講師プロフィール】
1951年7月19日綾歌町生れ(59歳)  
所属 :綾歌アマチュア無線クラブ・e-とぴあクラブ協議会
     香川サット推進クラブ・流星電波観測プロジェクト
流星観測:1967年より始める
流星電波観測:1969年より始める
アマチュア無線局:1969年JA5EMMで開局
仕事:東芝のあかり+農家(讃岐牛銘柄初回生産指定)


看板前の“美女”は受付を手伝ってくれた重松さん。


こちらが本日の主役、スピーカーの苧側正明氏。


まずは西側からカウンターを演台に見立てて、自己紹介からスタート。(カウンター上には苧側氏のトランシーバー2台。30年もの)

苧側さんが自ら記録したいろいろな電波波形を見せてくれました。

モニターに見入るオーディエンス。

サッカーボール(これも持参)を地球に見立てて「流星が明け方に多い」理論の説明をしてくれました。

見よ!我等「電波中年四銃士」
あっという間の2時間・・Vol.2の回も無事終了
ツワモノたちもほっと安堵の表情を浮かべ、記念撮影に納まりました。

【動画でご覧ください】

【後日談】この日不参加だった、アマチュア無線家の方から次回開催を望む声も!
「やっぱりやらにゃあ!!」
再会を誓い合って、各々散会の時間となったのでした。
ご参加いただいた皆様、有難うございました!!


※詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

【2010年8月28日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集い −Vol.6−
 

※今回は、懐かしの長編映画上映です。

日時/平成22年8月28日(土) 18:00〜20:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
上映作品/「エデンの海」(1963 日活映画)
        主演:高橋英樹 和泉雅子
        ※全編香川ロケ作品。二人が馬にまたがり坂出市内を疾走します!
参加費/200円(飲み物付き)
定員/15名



【2010年8月 6日】※終了
八畳の遊 テツオの部屋Vol.2 (JR)四国の未来へ走るアンパンマン列車たち
 

「テツオの部屋Vol.2」盛会の内に終了!
約4ヶ月半のブランクを経て、待望の「テツオの部屋Vol.2」開催。
今回のテーマは・・【四国の未来へ走るアンパンマン列車たち】

日時/平成22年7月31日(土) 17:00〜19:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
トークゲスト/映画コメンテーター 帰来雅基氏
参加費/1,000円(1ドリンク・おつまみ付き)
定員/15名


ここまで!?のこだわり、“うたんぐら”駅の標識です。


製作者であり、このプログラムの実働部隊長でもある鎌田さん。改札口も切符もこの方の手作りです。脱帽。


ほどなく本番スタート。制服姿もなんとも爽やかな、客室乗務員のチーフ筒井さん(左)と兵頭さん。あ、モチロン会長の制服姿もカッコイイですよ。

メモリチップを忘れてきた・・と言いつつ、お手製フリップを見事使いこなす松田会長。

奥から囲むように椅子席側のオーディエンス

比較的前半で出てきた、本日の目玉「アンパンマンパン」^^
本日の主役、松田会長と客室乗務員チーフの筒井さん。アンパンマンチョコを手にとびっきりの笑顔・・なり

【動画でご覧ください】

今回も和やかに・時に“笑い”を取りつつ、テツオの部屋Vol.2は無事終了。「ヘェ」「ホゥ」「ハァ」で気が付きゃお被楽喜・・。いろいろ学びも多く、今後はアンパンマン列車を見る目が変わりそうです。

いくつになっても好きなことを語って聞いて繋がれる・・。
うたんぐらの夜もふけて・・楽しい仲間たちも、それぞれ夜のへと消えて行ったでした。この日の参加はスタッフ込みで21名。皆さんお疲れさまでした。


※過去のイベント詳細については、「女主のひとりごと」ブログもご覧ください。

Copyright(c) Vtangra.com All Rights Reserved.