うたんぐら|香川県宇多津町  















ホーム
コンセプト
ご案内
イベント
交通アクセス
お問い合わせ
リンク集





うたんぐらでは、空き家利用の趣旨に賛同していただき応援していただける方、今後自ら利用してみたい・・・という方々へ会員登録をお願いしています。
会員得点や規約については、上の会員募集バナーをクリックして下さい。

 

 
過去のイベント      〔2011年8月〜2011年11月〕
2010年3月以前 2010年4〜7月 2010年8〜11月
2010年12月〜2011年3月 2011年4〜7月 2011年8〜11月
2011年12月〜2012年3月 2012年4〜7月 2012年8〜11月
2012年12月〜2013年3月 2013年4〜7月 2013年8〜11月

【2011年11月26日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集い Vol.21
 

11/26さまざまなイベントが重なり主催の今井もギリギリで到着。
今回から開始が1時間早くなって6時スタートでした。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

全員で6名でわきあいあいと鑑賞しました。
丸亀市内のよく知ってる場所や建物がでてきて懐かしいという参加者の声がありました。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

■コーディネーター/今井龍二氏(四国学院大)

日時/平成23年11月26日(土) 17:30 開場 18:00 上映開始
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
参加費/200円(飲み物付き)


【2011年11月5日】※終了
八畳の遊 テツオの部屋Vol.4
 

今回、宇多津(うたたまの会)のまち歩きテーマが、「うたづの鉄道みちを歩く」ということで、
うたんぐらの八畳の“遊”、「テツオの部屋」シリーズ第4回目とのコラボレーションとなりました。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

今回は初参加の方々も多く、更に「テツオの部屋」の知名度UP^^;
これからもますます内容の充実とネットワーク作りで盛り上がるといいナ。
まずは皆様、有難うございました。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

■ゲストスピーカー鉄道好きなラーメン屋さん 片岡秀樹氏
               (実は琴平観光協会のヒト&町会議員、お店は“豚珍館”)

               金毘羅参道沿いのまんじゅう屋さん 堀 研治氏
               (“まめや”当主、自称・我楽多コレクター)

■コーディネーター/四国ミニSL倶楽部 加藤圭哉氏

日時/平成23年11月5日(土) 17:00〜19:00
場所/蔵カフェこうらくダンスホール(宇多津町3643-1)
参加費/2,000円(軽食、アルコール、ソフトドリンク付き)
定員
/30名程度(予約制)

 


【2011年10月22日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.20
 

秋祭り&ショートフィルムVol.20開催!
宇多津の秋祭り、初日は曇り空の幕開け。
昼間の賑わいに続いて、第四土曜日「ショートフィルム上映会」の日です。

日時/平成23年10月22日(土) 19:00〜21:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
参加費/200円(飲み物付き)
定員
/15名(予定)

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

毎回、出し物のテーマで集まり・観賞し・語って・学ぶ・・
記念すべき20回目の上映会も有意義なひとときとなりました。
参加者の皆様にも楽しんでいただけたましたか?

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2011年9月23日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.19
 

「太宰治短編小説集」
本格的な芸術の秋を前に、映像で綴る文学世界をお届けしました。

日時/平成23年9月24日(土) 19:00〜21:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
参加費/200円(飲み物付き)
定員
/15名

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

今回も、来て・見て・参加して「よかった!」
参加者の皆さんにそう思っていただけたのならいいんだけど・・。
有難うございました&次回もお待ちしています。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2011年9月23日】※終了
八畳の和 中井今日子のCloss to You 〜やさしさを持ち寄ろう〜
 

雲ひとつない快晴の好天に恵まれた“秋分の日”の昼下がり・・・
女主初セルフプロデュース「やさしさを持ち寄ろう」が開催されました。

日時/平成23年9月23日(祝・金) 13:30〜15:00頃
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
内容/トークライブ&試聴会
ナビゲーター/中井今日子(フリーアナウンサー)
参加費
/500円 1ドリンク + 柏原里砂さんプロデュースのお菓子付き
定員
/10名程度

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

入口からは爽やかな初秋の風が流れ込み、しばし参加者たちの会話する姿が見受けられました。参加いただいた皆様、お付き合い有難うございました。
何か一緒に見て・聞いて・考えてみたい・・・そんな題材を見つけたときには、またやります!
「中井今日子のCloss to you」Vol.2として。その際もどうぞ宜しくお願いいたします。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2011年8月27日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.18
 

この日の上映は、ショート・フィルム・・ではなく、長編です。
実は今回、久々にこじんまり(8名)の回となりました。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。

今回はショートフィルムでこそありませんでしたが、「BEAT」はなかなかコア(&レア)な映画でした。
ある時は作品で勝負、またある時はイベント仕立てで・・etc.
うたんぐらのレギュラープログラム「みんなで楽しくショートフィルムを見る集い」は
“細く長く”アイディアを盛り込むことを忘れずに、頑張ります。
参加いただいた皆さん、有難うございました。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

日時/平成23年8月27日(土) 19:00〜21:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
上映作品/「BEAT」1998 101分
内容/宮本亜門初監督作、1960年代の沖縄を舞台にした作品。米軍統治下になった時代に
      エネルギッシュに生きる一組の男女の恋愛模様を描いたドラマです。
     主演 真木蔵人、内田有紀(第55回ヴェネツィア映画祭国際批評家週間正式招待作品)
参加費/200円(飲み物付き)
定員
/15名


【2011年8月7日】※終了
八畳の学 今、語ろう〜ある戦争体験者の記憶〜
 

じりじり照りつける太陽眩しい真夏の昼下がり・・・
今年も巡り来る終戦記念日を前に、うたんぐらでも“戦争”をテーマにした催しを開催しました。

日時/平成23年8月7日(日) 13:30〜15:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
参加費/500円(お茶とお菓子付き)
定員
/15名
講師/山崎 将 氏(さぬき市津田町在住)
内容/(講師著「青春の譜」より抜粋)
「太平洋戦争・・・この戦争は私にとって生涯忘れることのできない大きな出来事でありました。〜海軍志願兵として17歳から21歳の5年間、この太平洋戦争に参加して、ソロモン海域、マリアナ海域、ボルネオ島のジャングル内と3度の命拾いをし、所謂「九死に一生」を得て復員しました。」(中略)
※講師山崎氏は、海軍主計科として入隊。後に書き記した時系列の日記にも似た手記が、2年前、設計家とデザイナーというお孫さんご夫婦の手により一冊の本にまとめあげられました。
この日は、その本をもとに、戦前戦中戦後を生き抜いてこられた山崎氏の体験談を想いとともに語っていただきます。

山崎 将 氏 プロフィール
  戦後は国家公務員(法務省法務事務官)高松高等裁判所事務官→高松高等検察庁検察事務官→法務府特別審査局勤務を経て公安調査庁勤務→愛媛・中国・宮崎・徳島・四国・各公安調査局で要職歴任後、昭和60年3月退職。
退職後も法務省人権擁護委員、津田町社会福祉協議会理事他精力的に地域活動に携わり現在に至る。(平成13年11月叙勲:勲四等旭日小綬章受章)

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

うたんぐらの地権者でもある女主の父も、先の戦争では航空隊通信兵として戦地に赴いた一人。
今尚手元に残る戦争資料を紐解く機会を・・と漠然と思っていた中で、今回の講師山崎氏と、方やシベリア抑留経験者でもある川田氏のことを知ることとなり実現した、“うたんぐら目線”でプロデュースさせていただいた回でした。
今回も満員御礼のうたんぐらから、心より感謝の気持ちと愛を込めて、皆さま本当に有難うございました。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

 

Copyright(c) Vtangra.com All Rights Reserved.