うたんぐら|香川県宇多津町  















ホーム
コンセプト
ご案内
イベント
交通アクセス
お問い合わせ
リンク集





うたんぐらでは、空き家利用の趣旨に賛同していただき応援していただける方、今後自ら利用してみたい・・・という方々へ会員登録をお願いしています。
会員得点や規約については、上の会員募集バナーをクリックして下さい。

 

 
過去のイベント      〔2011年12月〜2012年3月〕
2010年3月以前 2010年4〜7月 2010年8〜11月
2010年12月〜2011年3月 2011年4〜7月 2011年8〜11月
2011年12月〜2012年3月 2012年4〜7月 2012年8〜11月
2012年12月〜2013年3月 2013年4〜7月 2013年8〜11月

【2012年3月24日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.25
 

3月も第四土曜日、恒例の上映会、その25回目が開催されました。・・・ところが、開始時間直前に不測の事態発生!なんと、主催者の今井先生が来られないとの連絡が!スタッフである井沢&中井コンビ、ピンチ!!
しかし・・・なんとか上映できる状態までこぎつけ、ほぼ定刻スタートできました。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

今回の上映作品「なつかしき笛や太鼓」は、テンポのよさとん泣き笑いの配分やわかり易さも最高!
とても素敵な地元ロケ作品で、心がホッコリ。
なんとか今井先生不在の回を乗り切ることができました。
ご来場いただいた皆さん有難うございました。

日時/平成24年3月24日(土)
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
講師/今井龍二 氏 (四国学院大学)

日本映画界に大きな功績を残した木下恵介。香川を舞台にした映画は「二十四の瞳」のほか「喜びも悲しみも幾歳月」「なつかしき笛や太鼓」の名作がある。
(丸亀市小手島が舞台)
当時中学生としてエキストラ出演した方々も登場します。

【2012年3月3日〜4日】※終了
“うたづの町家とおひなさん”/うたんぐら
 

3月3日4日の二日間、宇多津町の県道33号線南側・古街サイドでは、第九回「うたづの町屋とお雛さん」が開催されました。
今年は、地元の老舗“勇心酒造”と柏原里砂さんのコラボレーションで、2日間限定の「「リセ・ノワールカフェ」となりました。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。

日時/平成24年3月3日(土)〜4日(日) 9:00〜17:00
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)

平成24年の雛祭りも閉幕。
お越しいただいた方々、いかがでしたか?
来てくださった皆さんお疲れさまでした。

来年は10年という節目の年。
また新たな企画としつらえで、皆様をお迎えしたいもの。
再会の時を楽しみに。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2012年2月26日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.24
 

寒波の長引く中では比較的しのぎやすい好天となったこの日。
いつもは第四土曜日と決まっている上映会も、今回は主宰の今井先生のスケジュールにより、初めて日曜夜開催となりました。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

日時/平成24年2月26日(日) 18:00〜
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
講師/今井龍二 氏 (四国学院大学)
料金/ 200円(飲物付)

《上映作品 詳細》
今回は幻の名作「Mishima: A Life In Four Chapters」
1985アメリカ 日本では未公開の作品です。
制作 フランシス・フォード・コッポラ ジョージ・ルーカス
監督 ポール・シュレイダー
美術 石岡瑛子
主演 緒形拳
(カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞受賞作品)

【2012年2月4日】※終了
八畳の食 クラ・デ・ショコラ Vol.4
 

「クラ・デ・ショコラVol.4」開催!猛寒波も小休止、奇しくも「立春」当日開催となったこの日は、日差しにも恵まれたお出かけ日和となりました。

■日時/平成24年2月4日(土) 〔第1部〕13:00〜14:30 〔第2部〕15:00〜16:30
■場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
■参加費/それぞれ 3,500円(ドリンク付き、ティーコーディネイターによる紅茶講座あり)
■講師/柏原里砂 氏

〔第1部〕13:00〜14:30
話題のショコラティエ「エスコヤマ(小山進)」特集
※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

食と学びの美味しいひとときは、あっという間に過ぎ去ったのでした。


〔第2部〕15:00〜16:30
注目のバレンタインショコラ、ショコラ×紅茶のフードペアリング
※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

ショコラとお茶とお喋りと・・・
バレンタインデー・シーズンに柏原さんがお届けした、スペシャルなチョコレート講。
いかがでしたか?
イベント参加の皆様、柏原さん、鈴木さん、勇心酒造様、有難うございました。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2012年1月29日】※終了
消しゴムハンコで巾着づくり
 

日時/平成24年1月29日(日) 13:30〜15:30
場所/うたんぐら(宇多津町2201番地)


【2012年1月28日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.23
 

H24年最初のうたんぐら主催イベントは、お馴染みの「みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.23」。いつもの第四土曜日(今回は1月28日)夕方6時から開催されました。

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

ここ2週間の中では、寒さも程々の過ごしやすい夜となったこの日。蓋を開けてみれば、たくさんの参加をいただき、アットホームな中にも楽しく有意義なひとときとなりました。
参加いただいた皆様、ありがとうございます。
本年もうたんぐらの映画イベント、ご声援&ご参加、よろしくおねがいいたします。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

日時/平成24年1月28日(土) 18:00〜
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
参加費/200円(飲み物+お菓子付き)
講師/今井龍二 氏 (四国学院大学)
上映作品/「素晴らしき日曜日」(1947・東宝) 黒澤明監督

《上映作品 詳細》
戦争の傷跡が残る東京。
幸い職についてはいるが、友人の家に居候の雄造(沼崎勲)、姉の家に同居の昌子(中北千枝子)のカップル。一緒に住む事もままならず、週に一度、日曜日にお互いに会える事だけが唯一の楽しみであった。しかし、手持金はわずか35円(現在の貨幣価値に換算すると、約3,500円)。それでも楽しいランデヴーを計画する2人の前に、切なく惨めな現実が立ちはだかる。
真面目に生きる事のむなしさに失望しそうになりながら、二人は喫茶店を開く夢を語り合う。

【2011年12月24日】※終了
八畳の食 クラ・デ・ショコラ Vol.3
 

今年の“うたんぐら納め”の日は、ちょうどイブということで、人気レギュラープログラム2種、2階建ての特別版となりました。その1は「クラ・デ・ショコラVol.3」

■日時/平成23年12月24日(土) 13:30〜
■場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
■参加費/2,500円(ドリンク、お土産付き)
■内容
/今年発売のクリスマスショコラケーキ、ショコラアイテム、おすすめのショコラメニューなどなど
■講師/柏原里砂 氏

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

楽しい時間はあっと過ぎ、みんな大満足(・・いただけたかな??)
参加者の皆様、有難うございました。
次回は来年2月くらいを考えているので、また注目しておいてくださいね。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。


【2011年12月24日】※終了
八畳の学 みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.22
 

うたんぐらX'mas SpecialそのA昼間の「クラ・デ・ショコラ」を終えてしばらくすると・・・な、なんと!一転にわかに掻き曇り、雨脚のしっかりしたミゾレ状態に。
「ウッ、これは夜の客足に影響するかも;;」
BUT、その心配も程なく解消。
スタート時にはなんとか治まりました。(ホッ)

※写真をクリックすると大きな画像が見られます。
【内容の一部を動画でご覧ください】

※再生の際にはボリュームにお気をつけください。

冬の夜は“ツン”とした冷たさ。それでも、毎回足を運んでくださる常連さんがいます。
今回は特に、イブに見るべき名作をチョイスしてくださった今井先生にも感謝。
女主の生涯のBEST5に入るほど好きな作品でした。

※オフショットなど、詳細はブログ『女主のひとりごと』をご覧ください。

日時/平成23年12月24日(土) 18:00〜
場所/宇多津古街のうたんぐら(宇多津町2201番地)
参加費/200円(飲み物+お菓子付き)
講師/今井龍二 氏 (四国学院大学)
上映作品/「34丁目の奇跡」(1947・米) アカデミー賞3部門受賞作

《上映作品 詳細》
ニューヨーク、メイシー百貨店の催す感謝祭パレードの一番人気はサンタクロースの行進だ。そのサンタは人事係のドリス(M・オハラ)に選ばれたクリングル老人(E・グウェン)。クリングルのサンタは評判を呼ぶが、現実家のドリスは一人娘スーザン(N・ウッド)が彼を本物のサンタだと思いこんだため、クリングルに説明を頼んだ。だがクリングルは彼女の言葉に従わず、自分はサンタだと言い張ってしまう。やがて、妄想狂と見なされた彼は精神病医を殴るという事件を起こし、ドリスのアパートの向かいに住む弁護士フレッド(J・ペイン)の助けを借りて遂に裁判が開かれる……。V・デイヴィスの原作をG・シートンが脚色・監督した、信じる事の素晴らしさを説いたハートウォーミングな作品。ひとくちにファンタジーと呼んでしまうのには抵抗があるものの、実在のデパートをはじめ裁判所にいたるまでリアルな舞台設定の上で展開される物語だからこそ、その色合いは増していく。最後に起きる“奇跡”には胸がジンとする事請け合いだ。シートンの巧みな脚色とE・グウェンの存在感は、共にアカデミー脚色・助演男優賞に輝いた。サンタクロースを描いた映画の代表選手で、いまだにクリスマス近くなるとTVにかかる他、73年にはTVムービーが、94年にはリメイク版映画が作られている。

【2011年12月18日】※終了
こどもポプリースづくり
 

日時/平成23年12月18日(日)
場所/うたんぐら(宇多津町2201番地)

 

Copyright(c) Vtangra.com All Rights Reserved.